一戸建て住宅玄関にはカメラ付インターホン

PR| 豊田市でZEH住宅に住みたい安城市で輸入住宅を建てる

注文住宅で一戸建て住宅を建てるにしても、建売住宅を購入するにしても、玄関ドアのインターホンについて言いたいことがあるのです。インターホンはカメラ付きのものをオススメします。多少の費用をケチって、カメラ付きではないインターホンにすると、なんやかんやで困ると私はとても思うわけです。費用といえば我が家は群馬県の有名店でオーダー収納を頼んで、費用はかかりましたが満足しています。やっぱり費用ケチってはダメなんですよ。

とくに子供を生んでからが困りますよ。いや、防犯のためにも、インターホンはカメラ付きのものが必須なわけですけれど、私個人としてもインターホンはカメラ付きのものがいいんです。だって、子供が小さい頃って、赤ちゃん育児で大変で格好なんてテキトーじゃないですか。

育児でとても忙しくて余裕がなくって、それで家の中での自分の格好なんてテキトーなものなんです。それで、これは私の中だけでのことなのかも知れませんけれど、私の中では「宅急便などの配送業の人はそのままの格好で出てもいい」という意識があるのです。顔見知りの人ではないですし。

友人や知り合いの人の前には、家の中にいるときのようなテキトーな格好では出られませんよ。ですから、回覧板を回しにきてくれた近所の人の前では、何か一枚羽織るなどしてある程度身だしなみを整えてから、玄関ドアを開けるようにしています。また、出産祝いなんかを持ってきてくれた知り合いの前には、もちろんですが家の中のテキトーな格好では出られませんよ。

ですから、カメラ付きのインターホンが必要なわけです。「このままの格好で玄関ドアを開けていいのかどうか?」という判断のためにも、見分けるためにもカメラ付きのインターホンは必要ですよ。自分の両親の前にはテキトーな格好で出られても、義理のご両親の前にはそれなりに整えた格好で出ないといけないという意識はありますし。

声だけで判別するのって案外難しいことだったりするのです。ピンポーンと玄関チャイムが鳴ったらすぐにボタンを押すわけですが、その際にモニターで来客を確認できるということは、とても便利なわけですよ。立ち去ったかどうかの確認だってできますから。

だからこそ、ちょっとしたことではありますけれど、玄関ドアには「カメラ付きのインターホンの設置」をしておいた方がいいでしょう。後付けで工事もできますけれど、一緒に工事する方が手間や費用も節約できることでしょう。

<PR>マッサージのリアル口コミ.com工務店向け集客ノウハウ生命保険の口コミ.COM女性向けエステ.com健康マニアによる無病ライフ